Monthly Archives: 4月 2018

学校検診について



4月になり新生活が始まった方も多いと思います。
学生の皆さんは学校検診があります。


A判定(1.0以上)の人は教室の一番後ろの席からでも黒板の文字を楽に読めます。
B判定(0.7-0.9)の人は教室の真ん中より後ろの席にいても黒板の文字をほとんど読めますが、小さい文字になると見にくいときがあります。
C判定(0.3-0.6)の人は真ん中より前の席でも小さな文字が半分くらいしか読み取れません。
D判定(0.2)の人は一番前の席に座っても、眼鏡がなければ、はっきり読み取れません。


学校検診で眼科の検査を勧められた場合は、学校から渡される用紙をお持ちください。
検査の結果を用紙に記入し、お渡しします。

そして検査の上、眼鏡やコンタクトが必要か否か、お話しさせていただきます(^^)

角膜炎

角膜炎とは、黒目(角膜)に細菌やカビが感染して炎症を起こす病気です。


【症状】
充血、痛み、視力低下、目やに、かすみ、まぶしさ、流涙など


【原因】
ソフトコンタクトレンズの装用、角膜への外傷、逆まつげなど眼表面の異常・・・細菌性角膜炎

ステロイド点眼薬の長期間使用、角膜手術の既往・・・真菌性角膜炎


真菌による角膜炎は、細菌による角膜炎に比べ、ゆっくりと進行し、治療に時間がかかります。


まずは目薬で治療をします。
原因菌が特定でき、効果のある目薬が見つかれば症状は改善していきます。

目薬による治療が効かない時には角膜移植を行う場合があります。

感染が落ち着いても、角膜に傷跡が残ることが多く、その場合は元どおりの見え方に戻らないこともあるので、
違和感があれば早めに眼科を受診しましょう。

アレルギー

最近眼がかゆいという患者さんが多いですがみなさんは大丈夫でしょうか?
何が原因でアレルギー症状が起こるのかを知ることが大切です。

にしむらクリニックでは採血でのアレルギー検査を行っています。


月曜日と水曜日は以下の39種類
(結果まで約1週間)




そのほかの曜日は以下の8種類
(結果まで約20分)



検査することができます。

気になる方や、ご希望の方はお気軽にスタッフまでお声がけ下さい。

お薬処方に関してお知らせ

平成30年5月頃より院外処方に変わります。

当院で発行する院外処方箋は「先発医薬品」か「後発医薬品(ジェネリック薬)」を患者様に薬局で選んでいただくことができるように一般名処方の記載に変更となります。
お薬の商品名は調剤薬局にてご相談下さい。


医師が商品名を指定して処方する場合や後発品が存在しないお薬などに対しては、今まで通りの商品名での記載ちなります。

ご理解・ご協力の程お願い申し上げます。