Monthly Archives: 6月 2018

ソフトコンタクトレンズQ&A

コンタクト処方時に聞かれることの多い質問にお答えします(*^^*)


コンタクトが外れにくい時はどうすればいいですか?
➡まず、目薬を使用してみて下さい。乾燥により、目の水分が少なくなっている可能性があります。
点眼後、すぐに外すのではなく、何回かゆっくり瞬きをして、十分になじんでから外してみて下さい。

コンタクトをつけたままお昼寝しても大丈夫ですか??
➡原則的には禁止です。連続装用が可能なCLもありますが、コンタクトをつけたままの就寝は角膜の酸素不足を招く原因になりかねません。
装用時間、使い方は厳守して下さい。

保存液の代わりに水で洗ってもいいですか???
➡アカントアメーバや雑菌がレンズに付着する可能性があります。絶対にやめて下さい。飲用できるきれいな水でも眼にとって大丈夫とは限りません。
コンタクト専用のケア用品で正しくケアをしてください。

アデノウイルス結膜炎


アデノウイルス結膜炎(はやり目)とは、
ウイルス感染によって起こる結膜炎です。


はやり目の病期パターン

感染(感染後 約1週間 – 潜伏期間 – )
 症状が出ないので、感染したことに気づきません。

発病(発病後 約1週間 – 症状のピーク – )
 感染力が強く、次のような症状が現れます
 充血・異物感・流涙・耳前リンパ節の腫脹

➡発病後 約2週間 – 徐々に改善 –
 症状は徐々に軽減していきます。


重症の場合は、角膜に濁りが残り、視力が低下することもあります。


はやり目にかかったときの注意点
・手を流水と石鹸でよく洗う
・目をさわらない
・学校や保育園は医師の許可が出るまで休む
・仕事は休むのが望ましい
・医師の許可が出るまでコンタクトレンズは装用しない
・医師の許可が出るまでプールに入らない
・タオルや洗面用具は家族のものと別にする


原因はアデノウイルスで、発症してから治るまでに2週間ほどかかります。
アデノウイルスは感染力が非常に強いので、周りの人にうつさないように注意しましょう。

ドライアイ

パソコンやスマホの画面などを見続ける生活により、知らず知らずのうちに目を酷使しており、その結果、目が疲れやすくなっています。


ドライアイとは涙の量が不足したり、涙が均等に行きわたらなくなる病気です。


ドライアイは目の乾燥や疲労感だけではなく、異物感、目の痛みなど慢性的な目の不快感を生じます。


また、目を使い続けることによって、視力の低下も起こします。



★ドライアイチェック★
10秒間、瞬きをせずに目を開けていられますか?

瞬きを我慢出来なかった方はドライアイの可能性があります。


また、
・目が疲れる
・乾いた感じがする
・目が痛い
・不快感がある

などの症状があり、少しでもドライアイの疑いのある方は眼科を受診してみてください。