Monthly Archives: 9月 2019

アレルギー検査



花粉(アレルゲン)が主な原因で起こる目のアレルギーのことを季節性アレルギー性結膜炎といいます。

他にも目のかゆみ、充血、腫れなどの症状でアレルギー性結膜炎と診断されると、原因となるアレルゲンを正確に把握するため、いくつかの検査を受けることがあります。

そして当院では採血によるアレルギー検査を受けることができます。

8種類の項目を調べられる簡単な検査と
上記8種を含む39種類の項目を一気に調べられる検査があり、
39種類の方は平日の月曜と水曜限定となっておりますのでお気をつけください!(採血の回収の関係上18時までの受付です)

ちなみにどちらも保険適用です😊
興味のある方はスタッフまでお聞きください。


目にやさしい日常生活のポイント


涙は目を守ってくれる重要な物質で、そのためには安定した涙が必要です。


安定した涙→ものがみやすい(視力)、ホコリやゴミ・乾燥から守る

不安定な涙→疲れやすい、ものがみえにくい


ドライアイの要因はさまざまですが、特にパソコン・コンタクトレンズ・エアコンの使用で涙が蒸発しやすく不安定になり、目の表面の細胞を傷つけてしまいます。


《目にやさしい日常生活のポイント》

*PC作業時、1時間に15分は目を休める

*画面から約40cm以上の距離を確保し、画面は目よりも下方に
(この距離で見やすいようにメガネやコンタクトレンズの度数を調整しましょう)

*エアコンがきいている部屋は乾燥で目が乾きやすいため、加湿器などで保湿


ドライアイは放っておくと日常生活に支障をきたすこともあるので、なんとなく目に不快感や見えにくさを感じる方、疲れ目が気になる方は眼科にご相談ください。

CL装用について

コンタクトを装用して違和感・痛みなどがある場合は、キズがある可能性があります。

コンタクトを装用していると上にズレる事があるという方は、アレルギーの症状が出ている可能性があります。

何か症状がある方はコンタクトを装用することによってその症状を悪化させる恐れがある為、コンタクト装用を中止し眼科を受診しましょう

コンタクトレンズは症状が治ってからまた装用を再開するようにしましょう!

オルソケラトロジー

当院ではオルソケラトロジーの治療を行っています


夜間の就寝時にコンタクトレンズを装用して、視力を矯正し、日中は裸眼で過ごすことができます。
(特殊なカーブを持つレンズが装着時に角膜前面の形状を扁平させることによって視力を矯正していきます)

近視抑制効果も期待できるため、当院ではお子様の利用が多いです


オルソケラトロジーは自費診療となります。


また、近視や乱視の強い方は適応外となりますので、事前に検査を行い適応可能かどうかを医師が判断した上、個々の角膜に合ったレンズを処方します。


興味のある方は一度ご相談ください